いなはら鍼灸院

神戸六甲の女性鍼灸師が施術するいなはら鍼灸院です。
女性の美や健康に関するお役立ち情報や、鍼灸院のある神戸の町の情報をお届けします。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

タイ漢方体験 その1

3月末に行ってきました、タイ漢方治療体験の旅について書きます。

タイにはたくさんの中国人(中国出身者と言ったらいいのかな?)が住んでいるそうで、
今回診て頂いた先生も中国から移って来られて、タイで中医学の大学を出ている先生でした。
受けた治療はタイの伝統医学ではなく、完全に中医学です。
タイで中国研修。



今回、とても勉強になったのは、
中医学による症分類でした。

今回いっしょに治療を受けに行った方は臓腑のうちの一つが機能低下していることが根本的な問題との診断でした。それは普段から考えている診断だったので、そうかそうか、という感じでした。

一方私は「湿」が一番の問題で、それによって二次的に臓腑は影響を受けているがそれは湿を除けば改善されるという診断でした。

「湿」が一番で臓腑は二番か・・・。

今まで自分は「どの臓腑か?どの経絡か?」から見ている部分がすごく大きかったです。
学生時代から習ってきた先生もそうだったように思います。

鍼灸師は経絡を使って治療するので少し視点が偏っているのかもしれません。
(もちろん何に着目するかは鍼灸師によって違うと思います!)
漢方治療との違いと言えるのかもしれません。

が、自分の今の症状を考えると、そうだよね、「湿」だよねと納得なるほど。
そうか〜、
まぁ、自分は鍼灸師なので結局経絡経穴を使って治療をする訳なのですが、
問題のとらえ方を臓腑に偏らず、外邪、内邪から考えると治療が変わってくるかな・・・。
まぁ、でも普段から風邪の治療なんかはそちら側からだな・・・ぶつぶつぶつ・・・。

今回は鍼灸治療もして頂きました!
これまたなるほど納得な配穴でした。


↑人中は痛かった(涙出ました)
でも、アレルギーで水道だった鼻水止まりました〜。


やっぱり実際に体験してみるってすごいことですね。
今回は本当に行けて良かったです。

タイも漢方治療もベテランの方といっしょに
痒いところに手が届くようにしてタイ語で漢方通訳して頂けるという幸運!
本当に楽しく貴重な体験が出来ました。


JUGEMテーマ:鍼灸・漢方・東洋医学
JUGEMテーマ:健康
タイ漢方治療 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -