いなはら鍼灸院

神戸六甲の女性鍼灸師が施術するいなはら鍼灸院です。
女性の美や健康に関するお役立ち情報や、鍼灸院のある神戸の町の情報をお届けします。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

眠りは大切。

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/11/post-13390.php

深い眠りによって脳の老廃物が洗い流されていることが分かったそうです。

脳の神経細胞の活動が低下すると脳血流が低下し圧が下がるので、その分脳脊髄液が脳へ流れ込むそうです・・・!

 

睡眠が十分とれないと昼間のパフォーマンスが全て低下しますし、良いことは何もないとは思っていましたが、

 

↑この映像を見ると本当なら毎日洗われていたはずの老廃物が脳に溜まっていたのかと思うと!!!

言葉がありません。

 

眠りましょう。眠りましょう。

 

 

JUGEMテーマ:健康

JUGEMテーマ:人体の不思議

 

生理学 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

NHKスペシャル 人体 再び!

9月30日(土)21〜NHKスペシャル人体シリーズが始まります。

NHKHP:http://www.nhk.or.jp/kenko/jintai/

 

前回の「驚異の小宇宙人体」から28年!

映像がきっとすごいと思います。楽しみです。

 

 

JUGEMテーマ:人体の不思議

生理学 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

生理学研究会 第2回開催

3月22日(水)17:45〜19:45三宮で生理学研究会第2回を開催します。

内容は前回と同じく「痛覚のしくみ」です。

昨年から同級生やその友人有志で集まって勉強会をしています。

生理学の教科書から少しレベルアップ、テーマ毎にまとめて臨床へ繋がる知識の整理を目的にやっています。

と言ってもまだ2回目です。

兵庫鍼灸の卒業生、在校生で興味がある方はご連絡下さい。詳細をメールします。

 

参考図書は

「図解入門 よくわかる 痛み・鎮痛の基本としくみ」

伊藤和憲著 秀和システム

 

「痛みと鎮痛の基礎知識 上・下」

小山なつ著 技術評論社

改定版が2016年に出ていますね。

 

生理学 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

オリンピック選手の身体能力

NHKスペシャル「ミラクルボディー」

シンクロナイズドスイミング「魚のように 人魚のように」

http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20160716

見ましたか?

 

オリンピック開催へ向けて、選手の身体能力を研究した番組がいろいろ放送されています。

毎日鍛えに鍛えた選手たちの能力は本当に驚異的ですね。

 

今回金メダル候補のロシアの選手を取り上げていました。

比べていたスペインの選手と比べて水の中で息を止めている時の酸素供給能力が高い事が分かりました。

肺活量はそんなに違わないのになぜか・・・?

なんと、脾臓から血液を放出する事で筋肉や脳への酸素供給を補える身体に進化していたのです。

5歳から毎日何時間も水中でトレーニングを続けてきたことで身体が対応したのだろうという事でした。

 

脾臓は血液貯蔵庫、多量に出血した時に血液を放出して血液量を補います。

「からだの知恵」 W.B.キャノン 講談社学術文庫

 

けれど、今回分かったように、水中での運動時にも脾臓が収縮して血液が放出されるとは・・・

哺乳類のアザラシなどで同じような事が起きるそうです。

人間の身体は本当にすごいですね。

 

 

生理学 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

膀胱が尿吸収!

3月3日の京都新聞の記事で、膀胱が尿吸収をしていると京都府立医科大渡辺教授らの研究で分かったという記事が載りました。
http://kyoto-np.co.jp/environment/article/20160302000161
これはびっくりですね。
尿は膀胱で溜めておくだけと思われてきたわけですが、膀胱で吸収もしているとは!
夜間頻尿や夜尿症で困っている人は多いですが新たな治療法が見つかるかもしれませんね。

JUGEMテーマ:気になること
生理学 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

イヤイヤ期は前頭葉の未発達

先日、NHKスペシャルで「ママたちが非常事態!? 最新の科学でせまるニッポンの子育て」
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20160131
の放送がありました。
子供のイヤイヤ期やお母さんの産後のイライラなど子育て中に起こる様々な事について脳科学から分かりやすく説明されていました。

2歳頃のイヤイヤ期は理性を主る前頭葉がまだ未発達なために我慢が出来ない状態だそうです。
人間の赤ちゃんは脳が未発達な状態で生まれます。
前頭前野の発達と共に、だんだん我慢できるようになっていきます。

また、人間のお母さんは1人で子育てをするようにはできていないそうです。
集団で助け合いながら育てるのが本来の姿で現在の核家族化した現状が特異であり、お母さんが不安に思うのは当たり前だそうです。

なぜこんなにもイヤイヤいうのか?イライラするのか?
ちゃんと理由がありました。

今日の深夜0時10分から再放送です。

ちなみに高齢者が困った老人(意欲の低下・感情抑制機能の低下・判断力の低下・性格の先鋭化)になるのも前頭葉の衰えです。
→詳しくは 「困った老人と上手に付き合う方法」和田秀樹著 宝島社




JUGEMテーマ:気になること
JUGEMテーマ:健康
生理学 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

腎臓の支配神経って・・・

昨夜に続き今夜もみごとなお月様ですね。

土日は横浜で発生学 頭蓋顔面の発生と進化 後藤仁敏先生 を受講してきました。
発生学・・・どうやって私たちの身体の形ができあがってきたのか、という学問です。



スライドの中に迷走神経の図があったのですが、
迷走神経の下の方の枝が腎臓に届いていました・・・・・・・
あれ??
鍼灸の生理学の教科書では腎臓は交感神経のみの支配って書いてますよ・・・・?
(今年の改定版ではその記載が無いのですが。)

あれ?っと思って後藤先生に懇親会で伺うと「迷走神経も行っています。」とお答えに。
あれ?そうなの?

帰ってギャノング生理学で調べました。

腎血管に対する神経支配
腎神経は腎血管に沿って腎臓に入る。腎神経は多数の遠心性交感神経線維と、機能の不明な少数の求心性線維とを含んでいる。さらにまた迷走神経を経てコリン作動性神経もきているようであるが、その機能ははっきりしない。交感神経の節前線維は主に脊髄の下部胸髄と上部腰髄よりくるもので、その節後ニューロンの細胞体は、交感神経管、上腸間膜神経節内および腎動脈に沿って存在する。交感神経は主に輸入および輸出細動脈、近位および遠位尿細管、傍糸球体細胞に分布している。またHenleループの太い上行脚にもノルアドレナリン作動性の神経支配が密に存在している。
 侵害受容性求心神経は腎臓疾患での痛みを中継するもので、交感神経と平行に走行して胸髄あるいは上部腰髄の後根から脊髄に入る。他の求心神経は、おそらく腎ー腎反射に関係すると思われる。この反射により、一側の尿管内圧が上がると、対側の腎神経活動が低下し、Na+と水の排泄を増加する。
以上抜粋(ギャノング生理学 原書22版 P.723)

つまり、解剖学的に迷走神経の線維は腎臓に行ってるけれど、生理機能的に働きはほぼなく、交感神経によって調節されているよ、ということですね。

勉強になりました。



 
JUGEMテーマ:気になること
JUGEMテーマ:オススメの本


 
生理学 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

人体ミクロの大冒険

NHKスペシャル 人体ミクロの大冒険見ましたか?

すごい映像ですね〜!!!

排卵の所は実際に手術中に見られた映像をもとにCGが作られたそうです。

今夜第2回の再放送。
http://www.nhk.or.jp/special/detail/2014/0405/index.html

第3回は13日深夜再放送だそうです。
http://www.nhk.or.jp/special/detail/2014/0406/index.html



JUGEMテーマ:気になること
生理学 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

そして今日は

今日は第22回はり師きゅう師国家試験でした。

<生理学の問題>
31  RNAが多く含まれる細胞小器官はどれか。
1.ゴルジ装置
2.ミトコンドリア
3.リソソーム
4.粗面小胞体

32  ピルビン酸の分解で生じないのはどれか。
1.ATP
2.二酸化炭素
3.尿素
4.水

33  心房から心室への伝導時間を表す心電図成分はどれか。
1.PQ時間
2.QT時間
3.PP間隔
4.RR間隔

34  過換気で起こるのはどれか。
1.動脈血酸素分圧の低下
2.動脈血二酸化炭素分圧の上昇
3.血漿重炭酸イオン濃度の増加
4.血漿水素イオン濃度の減少

35  小腸上皮から吸収後、中心乳び管に入るのはどれか。
1.グルコース
2.アミノ酸
3.中性脂肪
4.ビタミンB1

36  ペプチド結合を有する物質はどれか。
1.脂質
2.炭水化物
3.蛋白質
4.ビタミン

37  体温調節中枢について正しいのはどれか。
1.核心温度の変化を感受する。
2.セットポイントの下降により発熱が起こる。
3.中枢は延髄にある。
4.プロゲステロンは体温を低下させる。

38  糸球体におけるろ過の原動力はどれか。
1.糸球体血圧
2.ボーマン嚢内圧
3.血漿膠質浸透圧
4.ボーマン嚢内液の膠質浸透圧

39  ノルアドレナリンの方がアドレナリンより作用が強いのはどれか。
1.気管支拡張
2.血圧上昇
3.血糖値上昇
4.心収縮力増大

40  退縮するのはどれか。
1.肝臓
2.腎臓
3.膵臓
4.胸腺

41  運動野があるのはどれか。
1.前頭葉
2.頭頂葉
3.後頭葉
4.側頭葉

42  骨格筋の収縮時にカルシウムイオンと結合するのはどれか。
1.アクチン
2.クレアチン
3.トロポニン
4.ミオシン

43  大脳基底核の働きはどれか。
1.感覚の中継
2.血糖の調節
3.姿勢の制御
4.唾液分泌の調節

44  光の刺激により縮瞳が起こる機序で正しいのはどれか。
1.毛様体筋の収縮
2.瞳孔括約筋の収縮
3.上斜筋の収縮
4.外側直筋の収縮



解答
31−4
32−3
33−1
34−4
35−3
36−3
37−1
38−1
39−2
40−4
41−1
42−3
43−3
44−2


去年の出題と雰囲気が違いますね。
みんなちゃんと解けたかな・・・。


JUGEMテーマ:鍼灸・漢方・東洋医学
生理学 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

痛覚上行路

「プロメテウス解剖学アトラス 頭部/神経解剖」より
プロメテウス解剖学アトラス 頭部/神経解剖

以下抜粋)
体幹と四肢からの痛覚上行路

・体幹と四肢からの痛覚を担う1次求心性ニューロンの軸索は、脊髄灰白質の後角に存在する投射ニューロンに終末する。

・外側脊髄視床路は新脊髄視床路古脊髄視床路に分かれる。

新脊髄視床路の2次ニューロンは視床の後外側腹側核に終わる。3次ニューロンは後外側腹側核から脳の一時体性感覚や(中心後回)に投射する。

古脊髄視床路の2次ニューロンは視床の髄板内核と内側核に終わり、3次ニューロンは脳のさまざまな領域へ投射する。この痛覚路は痛みの感情的な要素に大きく関わっている。

・これらの皮質に終わる痛覚路に加えて、皮質下領域に終わる脊髄中脳路や脊髄網様体路などの痛覚路もある。

・脊髄中脳路の2次ニューロンは主に中脳水道を取り囲む中心灰白質に終わる。ほかの軸索は楔状束核や前視蓋前核に終わる。

・脊髄網様体路の2次ニューロンはここでは大縫線核や巨細胞性網様核を代表として記しているが、網様体核群に終わる。網様体視床線維は痛覚を内側視床、視床下部、辺縁系に伝える。





「図解入門 よくわかる痛み・鎮痛の基本としくみ」 この本もとても分かりやすくまとめてあります。
図解入門 よくわかる痛み・鎮痛の基本としくみ (How‐nual Visual Guide Book)

以下抜粋)
脊髄視床路は脳幹部分で内側と外側に分かれており、内側は
旧脊髄視床路(内側脊髄視床路)、外側は新脊髄視床路(外側脊髄視床路)と呼ばれています。

新脊髄視床路では脊髄から寄り道をすることなく直接視床に向かい、その後大脳皮質の体性感覚野(中心後回)に送られます。大脳皮質の体性感覚野は主に痛みの局在性や強度、質を感じる部分であることから、新脊髄視床路は主に判別性の高い鋭い痛み(感覚的な側面)を伝える経路と考えられています。

一方
旧脊髄視床路は、新脊髄視床路と異なり脳幹のいろいろな部分に寄り道をしながら視床に向かい、その大脳辺縁系に送られます。大脳辺縁系は痛いときに感じる不快感や悲しみなど、主に痛みの感情的な部分を司る部位であることから、旧脊髄視床路は鈍い痛みや情緒的側面を伝える経路と考えられます。




 
生理学 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -