いなはら鍼灸院

神戸六甲の女性鍼灸師が施術するいなはら鍼灸院です。
女性の美や健康に関するお役立ち情報や、鍼灸院のある神戸の町の情報をお届けします。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 梅満開 | main | 3月・4月予定更新 >>

お灸で守ろう!

新型コロナウイルスの広がりが増していますが、こんな時もどんな時も自分の免疫力を高めるしかありません。

 

お灸は免疫力アップに有効な方法です。

 

日本には昭和初期、原 志免太郎(はら しめたろう)という医師がいました。お灸に関する論文で初めて医学博士を取得し、「足三里」にお灸をすえて養生し、104歳まで医師として働き、平成3年に108歳で天寿を迎えました。

 

原博士の研究では透熱灸は

(1)ウサギへの施灸後、皮膚組織におけるタンパク変性と血液中の血球変化、とくに白血球数の増加が免疫性を増強し、病気予防に有益であること。

(2)ウサギを4つのグループに分けて結核菌を感染させ、結核菌を感染させる前からお灸を始めたグループが最も良好な結果を示したことを発表されました。

そして原先生は、健康な時にあらかじめ灸をしておくことが結核に対抗する最良策と考えるに至ったのです。

「お灸は世界を変える」https://www.sennenq-selfcare.jp/pro/topics/topics01.htmlより抜粋

 

つまり透熱灸(皮膚の上で艾を直接燃やす)で小さな火傷をつくることで、免疫力が上がるよという事です。

昔は日本では自宅の養生法として透熱灸は一般的に普及していました。

 

「お灸は世界を変える」https://www.sennenq-selfcare.jp/pro/topics/topics01.html

に載っているように現在またその効果が見直され結核の予防治療に活用されています。

 

私もコロナが収まるまで足三里の透熱灸を続けようと思います。

興味のある方はぜひご自分でも試してみて下さい。

やり方はお近くの鍼灸師まで。

 

鍼灸のマメ知識 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする